コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

アメリカ大統領選挙の波乱の理由

■米新教徒、50%割れ目前 移民増で信仰地図に変化
(Survey: Americans switching faiths, dropping out:2月27日英語版配信分)

米国民の約8割を占めるキリスト教徒のうち、白人信者を中心に多数派を維
持してきたプロテスタント(新教徒)の比率が51%まで下がり、過半数割
れ目前であることが、26日までに発表された統計で明らかになった。

宗教離れの傾向に加え、カトリック(旧教徒)の多いヒスパニック系移民の
急増により、プロテスタントの割合が相対的に低下した面もある。米社会の
人口動態の変化が「信仰地図」にも影響を及ぼしている。

統計は2008年版の「米宗教概観調査」。米調査機関「ピュー・リサーチ
・センター」の関連事業として昨年5~8月、18歳以上の米国人3万50
00人余りに聞き取り調査し、今月25日に発表した。

それによると、78%はキリスト教徒。減少傾向にあるプロテスタントは5
1%で、保守的な福音派(26%)と比較的リベラルなメソジスト派など主
流派(18%)が多い。カトリックは24%、末日聖徒イエス・キリスト教
会(モルモン教)は2%足らずだった。

回答者の4人に1人は幼少時の宗教から別の宗教や無神論などに「宗旨変え」
しており「信仰の流動性」も高かった。

スポンサーサイト
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

SGI健康塾・片山

Author:SGI健康塾・片山



【堀江貴文公式教材】ホリエモン・パソコン教室!397時間動画パソコン教室DVD4枚組iPod受講可ホームページ作成、オフィス(ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス)2003/2007,Photoshop,Illustrator等



お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布





SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート



Mitsuru Katayama

バナーを作成

最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。