コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

# フクシマの現実

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ラエリアン・ムーブメント
未来を恐れない人々へ : http://www.rael.org

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


■福島は史上最大の原子力環境災
(Fukushima - The Greatest Nuclear, Environmental Disaster In History
:6月23日英語版配信分)


By Steven Jones
GlobalResearch.ca
6-20-11

http://www.rense.com/general94/fuk.htm

 福島のメルトダウンが抑えられる時期は楽観的に見て早くて1年から3年かかる
という予測を立てている業界もある。

 この原発事故による放射性降下物によって、長い時間をかけて世界中で何億も
の人が死ぬことは確実だろう。日本以外に、韓国半島、中国、日本の周囲の列島
にもかなり多くの放射性降下物がやってくるだろう。風下にあるアメリカ合衆国、
北半球全体も汚染される。

 例えば、約450グラムのプルトニウムを平等にすべての人の肺に分け与えると、
地球上の全人類が死ぬ。3月11日からものすごい量の放射性プルトニウムが空気
中や海中に放出されてきた。プルトニウムの半減期は2万4千年で何千年も致死的
であり続ける。放射性ウランの半減期は44億7千万年。つまり、福島の原発事故
は文字通り人類にとって破滅的出来事なのだ。

 放射能は人を殺す。福島での事故のおかげで、文字通りの原子力ホロコースト
が、アメリカや世界中で展開されようとしている。アメリカは、アメリカ人が真
実、つまり致死的な量の放射性降下物がアメリカの上に降り注いでいると言うこ
とを知るのを恐れて、放射性物質測定モニターのほとんどを閉鎖してしまった。

 この新たな脅威からあなたやあなたの家族を守る方法は本当に何も無い。ただ
いくつかの予防策として、味噌汁を飲むこと。乳製品や肉を避けること、ビタミ
ン類、浄水、たくさんの運動によって体の免疫力を高めること。それ以外は、二
人に一人が癌になるようだが、その一人にならないように祈るだけ。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

弥勒菩薩・ラエルからの注意:
知性を最大限に活用しない人々に告げますが、一部の記事にある『selected
by RAEL』という標題は、その内容に同意したり支持していることを意味す
るものではありません。『selected by RAEL』は、人々が考えたり行ってい
ることについて、この惑星の人々が知るべき重要なものであると思うもの、
ということであり、たとえ彼らが考えたり行動していることが、まったく愚
かで私たちの哲学に反する場合であっても、ということです。アメリカでの
雨乞いという愚かなキリスト教原理主義についての記事を私が過去に選出し
た際、天気を変えるために祈ることを私が支持している、と考えるほど愚か
なラエルサイエンスの読者が一人もいないことは、私も承知しています。で
すから、薬物や反セム主義、反ユダヤ主義、人種差別主義、修正主義、ある
いは宗教団体に対する憎悪感の扇動、などを支持する記事や、その他一切の
愚かな記事を私が選出する際は、私がそれらを支持しているということを意
味するものではありません。それは単に、すべての人間が知っておくべき重
要なもの、ということを意味しているだけです。常識、これは通常は私たち
の読者の間でとてもうまく働いているものですが、それを使えば理解するに
は十分です。薬物の非犯罪化に関する最近の記事のように、さらにはっきり
とさせる必要がある際にはコメントを加えますが、今回の場合はとても明確
なものでした。つまり、私はすべての薬物の非犯罪化を支持します、という
のも、意気消沈して悲しみに暮れる人々(意気消沈して悲しみに暮れる人々
だけが薬物を使用するのですから)を刑務所に送り込み、犯罪歴を残して彼
らの人生を破滅させるのは愚かな事だから、ということです。それは、医療
目的を除いていかなる薬物も使用してはならない、とはっきり述べている
“メッセージ”に修正を加えることを意味するものではありません。同様の
事は、絶対的なものでなければならない表現の自由についてもあてはまりま
す。改めて言いますが、反ユダヤ主義、反セム主義、人種差別主義、あるい
は一切の反ラエリアン主義に私が同意する、ということを意味しているの
ではもちろんありません。しかし、価値観に異を唱える人々や敵を知ってお
く事で、彼らと闘うためのより良い準備を整えておく事ができます。もちろ
ん、愛と尊重、そしてフランスの哲学者であるボルテールの素晴らしい文を
心に秘めながらです。『私はあなたの言うことには同意しませんが、あなた
がそれを言う権利は、死ぬまで守るつもりです』


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『倫理』とは、神を信じる保守主義者や伝統的宗教が、科学と新しい技術に対
する大衆の恐れを上手く煽ることによって、人類を無知と蒙昧の中に囲い込も
うとする最後のあがきにすぎません。

私たちの祖先が歴史と呼ぶものには輝かしいところは何もなく、それは過ちと
非寛容と暴力の寄せ集めでしかありません。

その反対に、拘束に囚われない新しい技術と科学を信奉しましょう。それらは、
架空に過ぎない神話・昔からある恐れ・病気・死・そして労働の汗から人類を
解放するのです。

????????????????????????弥勒菩薩ラエル
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

--
ラエルサイエンスに興味があるあなたの友人・知人に、このメーリングニュースへの
加入をお勧めください。加入にあたりましては、件名を「ラエルサイエンス配信希望」
とし、nobby_k@jd6.so-net.ne.jp までメール頂ければ結構です。(無料)


また、メーリングを介さず以下のウェブサイト上でも同様の情報を閲覧いただけます。

『Googleグループ  日本語版ラエルサイエンス』
http://groups.google.co.jp/group/rael-science-japan?hl=ja


日本語版ラエルサイエンスに関するご意見、ご感想は
toshiaking0630@yahoo.co.jp までお寄せ下さい。
  
  
  

続きを読む

スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

心の詩

NHKスペシャル「遺伝子」を見た。

その中で、生命の設計図である遺伝子の中には死というものがあらかじめプログラムされているということが述べられたところは圧巻だった。
はるか遠い昔、生命の進化の課程で、遺伝子の新しい組み合わせの可能性と引換えに、細胞分裂の回数が限定されることとなった、つまり

生命が進化するため、生物は限られた寿命というものを選び取ったのだ、という説明には、驚きを禁じ得なかった。
それは、「生きているということはとりもなおさず、老いることであり、病むことであり、そして必然的に死に導かれるものなのだ」ということ。
これは2500年前にお釈迦様が言われた事である。同じことが最先端の生命科学の言葉によって語られたのであった。

日本列島という陸地の輪郭は、陸地自身ではなく、海によって決定される。
同様に、生の姿は生自体ではなくて、死によって初めてくっきりとその輪郭を描き出されるものなのではないか、そんなことが思われる。
もしも死がなかったら、生まれたばかりの赤ん坊をあんなに優しく大切に抱こうとするだろうか。
我々のいのちが死を前提にしているからこそ、やさしさや慈悲というものが、心の奥底から湧きだしてくるものであるに違いない。

草野榮應さんのエッセイから
このページのトップへ
コンテントヘッダー

DNAと宗教

日本ソマチット学会の研究発表より

ソマチットという名称そのものを知らない方が圧倒的に多いのが現状だと思います。この会で初めて聞いた、と言う方も多いと思います。 

私自身も約7年前フランス人の研究者ガストン・ネサン氏の研究についてレポートした「完全なる治癒」という本を読んだ時に、初めてソマチットという名前を知りました。

「このソマチットとは何なのだろう」そんな疑問が、本を読んでいく間に私の中に高まっていきました。

「不死の生命体」いわゆる、死なない生命体がこの世に存在するという事に非常に興味を覚えたのです。

私自身も色々な修行の中で、様々な生命現象を目撃してきました。
そして実は「不死の生命体が血液の中にある」という密教の教えに出会

い、その存在を直感的に確信していたのです。
しかしそのことについて多くの人に出会って、尋ねても誰も答えられず、「そんな物はあるはずがない」と言われてきました。

密教の中に「血脈」という概念があり「血の中に脈脈と受け継がれていく尊い意識や、魂がある」と弘法大師空海は教えているのです。

「この血脈とは何なのだろう」とずっと探求してきたのです。
そしてこのガストン・ネサンのソマチットというものを知った時に、「これかもしれない」という感覚が自分の中で動いたのです。

心と体をつないでいるものは何か、
そして魂とは何処にあるのか、

密教においては、「魂は血の中にある」と教えられています。
私は「血の中にずっと生きている生命体があるのではないだろうか」と思っていたのです。

そしてやがてソマチットというものに出会って、「これがそうなのか!」と思えたのです。

1200年も前に空海は、血液の中に、意識を持った生命体がある事を見抜いていたのかもしれません。

「神秘」としか言いようがありません。
死ぬ事を運命づけられた人間。

その中に死ぬことのない生命体が生き続けている、という事。
それが、どんな意味を持ち、我々の生き方や、この地球の未来に対してどんな役割を担っているのか。

病気に対して、専門家の方、医師の方がこの中に沢山おられるかと思います。

その方々に私はこう問いかけたいのです。
治癒とはどんなことなのか?

自然治癒はどのようにして起こるのか?
人は何故治るのか?
私自身がこうしたことを探求していく中で、私の中で起こった最も衝撃的な出来事は、やはりこの「ソマチット」という1つの生命、微小生命体との出会いなのです。

ソマチットが作る未来は、今までの医学や常識、そして生き方、全てをひっくり返してしまうかもしれません。

この世の中に死なない生命体が存在している、そのことを認める事自体が、「私たちがいったい今まで何を学んできたのか」ということを深く突きつけられることにもなりかねないのです。

そして私はこれを手がかりとして、人間の生きる事の意味と、価値と、存在の尊厳に繋がるところまで、ソマチットの研究を通して進めていけることを願っています。その大いなる探求の旅がここから始まるのだ、とそう思っております。


ここから私の経験論になりますが。
よく面白半分に宇宙や健康の話しを書いていると思われるので少しその考え方に至るまでの理由を書きますね!

出身は京都ですので子供時からいろいろな宗教に触れて来ましたo(^-^)o 亡くなった祖父が日蓮宗の不受不施派の僧侶だったのですが事情があって片山家に養子に入ったのです。

小学生の時から旧約聖書のエゼキエルの記を読み日蓮宗の龍ノ口の法難の話しを聞いてUFOに興味を持ったのですね!

また物理学療法に三十年以上関わって来て目に見えない力で病気が治るのを見て、また経験して世間が信じない理解出来ない

現象に興味を持つ様になったのですo(^-^)o
ほとんどの人は馬鹿にした治療方法で面白い様に病気が治るのを見てきたのです。

会社は白寿生科学研究所と言い治療器具はヘルストロンと言います!Googleで検索してみて下さいね!

実社会には学校や知識だけでは理解出来ない不思議な職業があるのだと思いました。

常日頃から自分自身も喘息で苦しんだ経験と宗教的経験が宇宙と健康と宗教に興味をもつ様になった理由なのです。

驚いたのはこの世の中にはもっと不思議体験の人達が大勢いたのですo(^-^)o誰もが自分のルーツや存在の意味を探し求めているのがよくわかったのです。

生きている限りこの疑問を追求するのがライフワークなんだと思うのです。

最近の発見はDNAソマチッド物質の存在なんです!人間の身体からでる波動で癌も治し金属にも反応すると言う不思議な不

死の物質なんです!この話しは物理学療法を仕事でやっていたので理解出来るのですねo(^-^)o

2012年のアセッション(フォトンの光)の影響で地球上のDNAが影響を受けるのは思い付きで言っている訳では無いのですねo(^-^)o

ソマチッドはマイナスイオンの影響を受けて自然治癒力を高めるのは科学的にわかったのです。

偶然全てが重なったのではなくそのような時期に来ているのだと思うのです。

経験ではマイナスイオンは脳の働きを改善するのは解るのですが地球上のDNAが宇宙からのフォトンの影響で次元上昇も有り得るのです!

ただしやはり経験が無いと理解されないと思っていますが・・・

知識は経験には勝てないのですねo(^-^)o宗教的儀式はこのDNAソマチッドを活性化するため必要なものだと最近わかって

きたのです。何故ならそれぞれ自分の信じている宗教で家族や自分が救われた経験が大なり小なり誰でもあるからなのです。

例えで言うと、同じ様に肥料や水をやっても植物の成長が違う様に日本国だけでも約八百宗派もある宗教に功徳や利益の違いがでるのは考えられるのです。

もしこの違いを科学的に説明出来るとすればDNA先駆物質ソマチッドを集める宗教的儀式の格の違いではないか?

高低浅深が宗教にはあって現実を直視したら正邪が解ってきたのです!

理証・文証より現証がソマチッド物質を集めている所を教えているのですねo(^-^)o

このページのトップへ
コンテントヘッダー

宇宙と神様

我が家のカルメンはブラジルのサンパウロの実家に良く電話します。勿論ポルトガル語ですから何を言ってるのか表情でしかわかりませんが(・_・;)

この間も妹の宗教の事で話し合いをしていたのですが大変面白い内容なので書きますね!
妹はカトリック系の宗教をやっているらしいのですが宇宙は神様が作ったのだから、なぜ神様を信じない?と話していたのです。

カルメンは私の影響でカトリックの神はゼウスでブッダと同じ宇宙人だからキリストだけが神様では無い!と言っていたのです。

彼女は日本に来て進化したのですね!最後はパソコンで調べて見て!と言っていたのです。o(^-^)o

神様に勝てるのはパソコンとインターネットかも知れませんね!(・_・;)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

民主党大勝利の理由

以前にも書いたのですが、日本で一番組合員を擁する労働組合は連合東京なのです。

また外食産業でやはり一番は日本マクドナルドなんですね。

この労使のサービス残業の関ヶ原の戦いは余り知られていないのです。

何故かその両方に縁があって、その立役者の書記長と話した事が有ります。

ちなみに家の奥さんはマクドナルドのマネージャーだったのですが、二年分のサービス残業代をもらって居ましたよ(笑)

今度の選挙は自民党の五十年の総決算だと考えます。仕事の関係で全国の老人と話した事があるのですが、
経済的なストレスは相当なものがありました。老若男女が現政権に大変な怒りと憤りを感じていたのです。
持論ですが、東大官僚が実権を握っている今の政治体制は徳川時代の旗本八万騎を彷彿させるのです。(笑)
利益を出す為に庶民は命を削って働いているのですが、東大は税金で維持され公務員はやはり税金で生活費を保証され、どこにも利益から税金を払う痛税感の解る、政治家や官僚が居なかったのです。(笑)

これでは徳川時代と同じ命運になるのは当たり前なんですね。(笑)人の痛みは百年でも我慢出来る!

この精神では国が滅びるのです♪(笑)
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

SGI健康塾・片山

Author:SGI健康塾・片山



【堀江貴文公式教材】ホリエモン・パソコン教室!397時間動画パソコン教室DVD4枚組iPod受講可ホームページ作成、オフィス(ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス)2003/2007,Photoshop,Illustrator等



お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布





SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート



Mitsuru Katayama

バナーを作成

最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。